スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


診断がおりました

本日、主治医より診断名と見解をききました。

  • ★ADD(不注意優勢型)
  • 多動なし
  • 衝動性はあるが、現在の診断基準だと、不注意・多動の2つに分類されるので、片方のみ。
  • 自閉傾向はないわけじゃないが、診断に入れるほどの問題を抱えていない
    (コミュニケーションの面・興味の向く面の偏りから、アリということ)

コミュニケーションにしても、昔は「?」と思う事が多かったりしたけど、年々減ったかな?
減ったというより、覚えたって感じだけど。

また、「純粋に、高い/低いだけで測れるものでもない」という考えのようです。
私の場合、凹凸や偏りが大きいが(下位項目の差が12だったり、知識の幅が狭い。笑)
自己を正確に客観視し、コントロールできていたり、
発達障害の多くの方が抱えやすい、

  • 内容を的確に把握するのが苦手
  • 計画を立てられない
  • 実行が困難

などが、不得意どころか、逆に高く見せる事ができているため、
(「凹凸を薄める」と言い換えてた)診断はかなり迷ったようです。
時間もかかったし、検査も追加になったり。
まあ、それらが何故不得意ではないかと問われると、色々とありますが。

ということで、発達障害という面では「ADD」となり、
多分それに対しての二次障害ということで、
他にオプションがつくかもしれないという感じでしょうか。
(おそらく「気分変調症」)

で、私自身どう思っているというと、
「主治医と同意見。異論なし。アップもダウンもしない。」
という感じです。

自分自身の見立てと一致し、
なおかつ色々な感想を共有してくださる良い先生に巡り会えて良かったです。

WAISの結果が出て、主治医の反応から、一時期は
「んー。こんなに凹凸があっても、診断がおりない可能性もありそうだな」
とも考えたのだけど、

色々と話をするうちに、
「この先生が【あなたには不要】というなら、そうなのかもしれないな」
と感じて。

まあ、もともと、あまり私自身が診断にこだわっていなかったし、
結果的にそれなりにうまく乗りこなせているならば、
数字だけで判断するものでもないという考えだったし。

とはいえ、選択肢は多い方が、
何年後かにそれらに助けられるかもしれないわけで。

という感じでした。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 発達障害
ジャンル : 心と身体



クリックで救える障害

アスペルガー症候群(自閉症スペクトラムなどの発達障害)に関するブログのリンク集

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。