スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


何か違くね?・・・と思うのは私だけ?

そこに至るまでの経緯が長く、細かいから説明しきれるかわからないけど、
ちょっとした食い違いが気になるというか、
全てに於いてそういう食い違いが起きてる気がすると言うか。

我が夫婦はお金がないため(そして面倒くさがり)、
最近はコーヒーをなるべく缶やテイクアウトで買わずにインスタントで済ませている。
基本的にコーヒーは多くを摂取するためのものであり、
味にさほど拘っていないと思う。

なので私も最初は会社でもインスタントを飲んでいたのだけど、
本当に一日にたくさん飲むし、時々は美味しいコーヒーを飲みたいので、
ブルックスコーヒーのドリップを箱買いすることにしたのだ。
5種類で180袋 5,980円(くらいだったかな?)

これは先日夫が2週間にわたり、臍を曲げていた時期に始めたのだが、
一応臍は半分くらい戻って
「これ何なん?飲んで良い?」
と聞いてきたので、
「うん、良いよ」
と答えた。(このときもちょっと会話にズレが生じ困ったのだが)

で、今日になって
「おいら、高級コーヒー飲もっと♪」
と当然の様に言うので、

「え、ちょっと?何?」
「ダメなら良い。」

「良いとかダメとかじゃなくて、ちょっと意図が分からないんだけど?」
「意図って何?飲もうって言っただけじゃん」

「いや、だから・・・」
「ダメなら良いって言ってるじゃん」

「・・・・・・」

という会話になって、私は何だかそのおかしな食い違いを正す意欲を喪失した。

我が家は、特に飲食に関しては別会計にしているし、
「おいらは、毎日節約してる!」
って自慢したりするわけで、当然そういうものだと思っていた。

私は「家用に」と思って買うものに関しては、夫にも使用してもらっていいと思っているけれど
このコーヒーは「自分用に」買ったものだから、当然のような言い方をされるのは
「違うんじゃないか?」と思う。

普段、そんなに細かくは言わないし、大抵買ってきたものを派手に使うのは夫の方である。
食べ物にしても、家用にって買ってきても、いっぱい食べるのは夫の方だし、
夫が自分用にと買ったものを私がいただくことは殆ど無い。

だから、私が自分用に注文した(しかも臍を曲げられている時に)コーヒーを
既に自分のものの様に扱われると「ちょっと違くね?」と思ってしまうのだ。
仲が良い時に買っていれば「あなたも飲む?」といって事前調整ができたのだけど。

もし飲みたいのであれば
「もう1個もらっていい?」
なり、
「俺も時々飲みたいから、いくらか払おうか?」
と言われれば、私は「じゃあ払ってくれ」とは言わないタイプである。

うーん、こういう何か私がおかしいなと思う線引きの仕方があるんだよね。
普段から。広範囲にわたって。

そういうのが場合を変わっても、
夫が常に被害者意識になって、私が加害者扱いになりやすいんじゃないかとか
思ったりもする。

これだけ見れば小さなことなのだけど。
でも、こういう意識が他でも色々と問題になってしまってるんじゃないかと。

今、夫から見れば、私は単なる「ケチ」「文句ばっかり言う」でしかなく、
自分の言い方や、意識がちょっと「違った」とは思ってないわけで。
でもそういうのを訂正する意欲が、低下する。
なんか、どこまで言ったら良いのかわからないし。

人のものと自分のものを都合良く分けたりくっつけたりしてるように思うのよね。
何事に於いても。
ま、これだけ見れば、本当にどうでも良い小さなことなのだけど。^^;



関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 発達障害
ジャンル : 心と身体



クリックで救える障害

アスペルガー症候群(自閉症スペクトラムなどの発達障害)に関するブログのリンク集

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。