スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


過去のエピソード(3) 意外と“まとも”?

私が未だ20代前半の頃、散々職場で「変人説」が出回った頃、
部署の改編があり、上司も変わった。

そのとき、その上司に言われた事。

「相当変わってると聞いてたが、意外とまともなんだな~」

はい?
そういうのを本人に言っちゃうの?
だからあなたは「腹話術人形」なんてコードネームをつけられちゃうんだよ。
(心が無いようなことを平気で言える人形顔)

んで、何のキッカケでそういう発言になったかというと、

「社内用の靴の紐を私が自分で通していたから。」

私からすれば、
「ええ!?じゃ、誰が通すものなの?
 自分のものは自分でやるのは当たり前でしょ」

なのだけど、その上司曰く、

「うちの息子なんて、自分で通せって何度も言うんだけど、
 やらないからカミさんがいつも仕方なくやってやってるんだよ~」


・・・それは、結局やってやるから、本人がやらないだけで、
まともとか何とかじゃなくて、単に育ち・甘えの問題だよね。

やってあげなきゃ良い。
本人がそれで困るならやればいいし、
困らないなら紐なんて通さずに履けば良い。

そんなことを取り上げて「まとも」だとか「まともじゃない」だとか言われても困る。

ちなみに「案の定、まともじゃない」と言われた事はないが、
最初に「まともじゃない説」が流れやすいのも事実としてあるわけで、
本当に何が出所だったんだろうと未だに不思議。

本人の耳に入ってくる事と入ってこない事があるし、
他者に迷惑をかけるような非常識を働くことはそうそうないと思うので、
もっと別のところだったのだろうな、と思う次第。



関連記事
スポンサーサイト


テーマ : 発達障害
ジャンル : 心と身体



クリックで救える障害

アスペルガー症候群(自閉症スペクトラムなどの発達障害)に関するブログのリンク集

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。