スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もしも夫が発達障害だったら子供はどうする

みなさん、色々とありがとうございました。
何故か我が家は通常運行に戻ってます。汗
(まあ、またいつ蒸し返されるかわかりませんが)

さて。かなりの大部分が仮定の話となりますが、
我が夫が発達障害だったら、子供は作るのか作らないのか。

夫は、自然妊娠は難しい。男性不妊というもの。
さらに詳しく検査をしないと、体外受精のようなものも無理なのかは不明。
その前に子づくりは「まあ無理してしなくていいか」と両者の見解なので
今後もしないと思う。

夫は昔から「自分の遺伝子は残しちゃいけない」と感じていたようです。
障害とか何とかそういうのは全く知識としてもなかったようだし
自覚も無かったけれど、自分の親の血縁を見る限り、不要だと思ったらしい。
なんだか恐ろしいくらいの勘が珍しく当たっているのかも。

そして根拠も無く「俺は精子が薄いから」とか断言してた。
それがまさかまんまとこのような流れになるとは。

私はというと、夫の困ったところはたくさんあるけれど、
夫の遺伝子はあったらあったで面白いじゃないかと思っていたが、
私自身、無理して子供を持ちたいと考えるタイプでもなかったし、
将来的な生活や経済的なことを鑑みると難しいだろうな、と思っていた。
結婚前から
「いつ離婚と言いだされるかわかったものじゃない」
と思ってきたから仕事は一人前に続けないといけない。

そして今。
夫の発達障害を疑い、日々七転び八起きしながら前進または後退する日々。
ますます経済的なことはあの当時より考えねばならなくなっている。
むろん、子供とか言っている場合ではない。

しかしやはり、障害かもしれない夫の遺伝子の話となると、やはり
「あったらあったで面白いじゃないか」
と思ってしまう。
その代わり、例えば夫にはもっと自分のことは自分で、家事もそれなりに、
他人を思いやるとはどういうことか、などSSTになるんだかならないんだか
わからないがその辺の変革は要求せざるを得ない。

生きていくのはそうやってコンスタンスに経済を支え、
身の回りを整え、他者と相互にやり取りをしていくということだ。

女性が結婚をして仕事を続けるのが難しいのは、
世の中的にも生き物の仕組みとしても簡単なことではない。

生まれてきた子供は可哀想か可哀想じゃないか。
そりゃ、本人の望まない環境に、本人の望まないハンディキャップをもって生まれてくるのだし、
それと折り合いを付けて生きなければならないのは子供本人なのだから、大変なことだろうと思う。
嫌な思いもするだろうし、苦労もあるだろう。
しかしそれを不幸と思うかどうかは、その子供が長年生きる中で葛藤しながらも
自分で見出していくものなので、本人以外の人間が不幸だとか何だとか決めるものでもない。
親として出来る限りのサポートをしていくしかないし、親に出来ることはそのくらいだ。
それを私と夫が出来るのか。
それは精神面だけではなく、多くの部分は経済的に安定し、生活基盤がしっかりしていさえすれば
クリア出来る問題も少なくないのではないかと私は思う。

ということを考えてみると、うちは無理だな。と思わざるを得ない。
まずそういう経済という基本的な問題を夫に理解させるのからして困難だし。
「今より(俺に求められることは)厳しくなるのかぁ~」
とうんざりした声をあげる夫を見てる限り、無理なのだろう。笑
夫は「しなくてもいい」となれば「何とかなるよ」と言うが
「しなきゃいけないことが増える」ことに関してはすぐに諦めるところがある。
むしろ嫌がる。
そして「責任」というのが大嫌い。(結婚したくない理由の一つ)

そんな感じなのでゆくゆくは夫が反対しようとじたばたしようと、猫か犬を飼おうっと。
私も可愛い癒される存在が身近にほしいここ数年。
「俺が可愛く癒してるじゃないか。犬も猫もいらないよぉ」
という夫の変な嫉妬なんか知るか。

※当然子供を持ったことがない人間が言うことなので、
 本当はそんなもんじゃないのかもしれないと思いつつ。

関連記事
スポンサーサイト


テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体



クリックで救える障害

アスペルガー症候群(自閉症スペクトラムなどの発達障害)に関するブログのリンク集

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。