スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


村上龍が描く「ひきこもり」

村上龍が描く「ひきこもり」は2通りある。

ひとつは「共生虫」という、「ひきこもり」と「暴力」を直結させたもの。
そしてもう一つは「最後の家族」という「自立」をベースに描いたもの。

前者は、過激なだけに社会の誤解を生む、いわば
「村上龍の作風を理解した人じゃなければお薦め出来ない本」

後者は、アスペルガー症候群や発達障害などとも無関係ではないように思うのでお薦め。
読み進めるうちにオーバーラップする部分が多いと気付く。

本人の苦しみ、甘え、どこからどこまでが自分で、他者との境界をどのように引くのか。
周囲の人間の苦しみと、それから逃れるためにさらに世話を焼き悪化させてしまう行為。
互いに境界や距離がわからず、自立出来ない関係、要は共依存的になってしまう。

自立とは無関心とは違う。
愛情とは過度に世話を焼き、境界を踏み込むことではない。


私は夫との関係でその適切な距離を保つよう心がけているが、
極端すぎる考えを持つ人であるため、中々調整が難しい。
元々私自身が他者との境界を誤認識していたのではあるが、
さすがに最近は理解している。

夫は強固に自分の境界を守ろうとするが、実は自分と他者の境界を理解していない。
この話の登場人物でひきこもりの長男を読むと、つい夫をオーバーラップさせてしまう。

しかしながら、村上龍はこういった殺伐としていない話も描ける人なのだ。

共生虫 (講談社文庫)
共生虫
(講談社文庫)

村上 龍
最後の家族 (幻冬舎文庫)
最後の家族
(幻冬舎文庫)

村上 龍


スポンサーサイト


テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

輪になって踊ろう

今日は行きも帰りもBGMはこれ。
楽しい気分で

「わっはっはっは、わっはっは!」

あっ、ども。おひさしぶりです。(通常盤)あっ、ども。おひさしぶりです。(通常盤)
(2008/06/25)
GReeeeN

1. SUN SHINE!!! / 2. またね。 / 3. キセキ / 4. 君想い / 5. 人 / 6. サヨナラから始めよう / 7. 地球号 / 8. 旅立ち / 9. no more war / 10. BE FREE / 11. ボヨン科ボヨヨン歌 ~愉快な大人達~ feat. 2BACKKA & ユナイトバス


このヴォーカルの低い声の方がシビレルワ。
名前しらんけど。





テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

自閉症の子どもたち

電車で向かいに立っていた青年が読んでいた。

自閉症の子どもたち―心は本当に閉ざされているのか (PHP新書)自閉症の子どもたち―心は本当に閉ざされているのか (PHP新書)
(2001/08)
酒木 保

商品詳細を見る


彼が自閉症とかアスペルガーには見えなかったが、
興味があるのだろうか?
顔はロンブー淳に似ていて、服装は、ちょっとカラフルなカジュアルめで、
首にカメラをぶら下げていた。
洟もかんでいた。

PHP文庫だったが、覗き見をしたらちょっと興味がわいた。
いずれ買ってみよう。



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

ここで一息「箱から脱出」する本

自分でも嫌になるくらい重苦しい気持ちや
妙にやる気になってる素振りの毎時間を送っているため
ちょっと一息。
私のバイブルの一冊「自分の小さな『箱』から脱出する方法」をご紹介。

自分の小さな「箱」から脱出する方法自分の小さな「箱」から脱出する方法
アービンジャー インスティチュート金森 重樹

ここを読みにこられている方は、多かれ少なかれコミュニケーションや相手との距離の取り方に悩みをもっている人だと思う。或いはそういう悩みを持つ人と関わっているか。
かくいう私も我が夫との距離には常に頭を抱える日々だ。
ちょうど今も、夫にどう接すれば良いのか、または夫にどこまで話せば良いのか・・・恐れている。

この本は、例えば仕事上の人間関係、夫婦関係などで関係がこじれてしまった場合、相手がそっぽを向いていると感じている時、互いの見解の相違から相手が折れてくるのを待っているかもしれない。

「向こうが意地張って何も言ってこないんだから、私が気分よくする必要ないわ。
 あんな態度を取られて、こっちから話しかけられるわけがないじゃない。」


「彼女があんな言い方をして、俺を箱に逃げ込む様にしたんだ。
 むしろ、彼女が俺をこの箱に押し込んだのさ。」


果たしてそうだろうか。
この本は、自分自身が、自分の作った箱にせっせと自分が入っているのではないか?
その箱から出て来れるのは自分自身しかいないのではないか?
相手が箱に入っていると感じている時には、まさに自分が箱に入っているときではないか?
相手が箱に入っているからと言って、自分も箱に入っていい理由にはならないのではないか?

そう語られている。
私は、パートナーとの関係、仕事の上司との関係などがうまくいかない場合、
よくこの本を思い出す。

この本に書かれていることをまず受け入れてみて、実行する。
実行せずに仮定の話ばかりをする人間には受けられない恩恵というものがある。

アスペルガー者との付き合いというのはもしかしたらこれの繰り返しかもしれない。
けれど、やるのを止めた時点で、自分が箱に入ったことになるのであれば、
私はやるしかないのだ。



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

アスペルガー者と定型発達者の結婚はうまくいかない?

夫のアスペルガー的なところに気付いてから、
色々な本を読みましたが、この本がちょっとわかりやすいと感じた。

一緒にいてもひとり―アスペルガーの結婚がうまくいくために一緒にいてもひとり―アスペルガーの結婚がうまくいくために
カトリン・ベントリー

一緒にいてもひとりに感じてしまう妻、
一緒にいたって一人は一人だと言い切る夫。
この寂しさを理解してもらえない。こんなに愛しているのにうまくいかない。

あるある!わかるわかる!な一冊。


アスペルガー者と定型発達者の結婚はうまくいかないんだろうか?
だったらアスペルガー者同士ならうまくいくのか?
私は、互いに認め合い、そして自身を自覚し合えばうまくいくと信じてる。
アスペルガー同士だとそれがより難しいんじゃないかと思う。
際限ない戦いになりそう。
生活も破綻しそう。

せっかく結婚したんだから。

よく周囲にもそういわれる。
私がもう頑張れないんじゃなく、夫がリコンリコンと言い出すだけなのだから、どうにもならないのだけど、
その「せっかく」とか「好きで一緒になったのだし」とかそういう人情面が通用しないのがアスペルガー者のような気がするので、困ったものです。
そういう情に訴える手法は大抵失敗し、鼻先にニンジンをぶら下げる手法だとあっけなく陥落する夫なのです。
最初はそっぽ向いて意地を張りますが、せいぜい5分か10分。

でもほんとはそれって対症療法的で、同じことを繰り返すのもわかってる。
反省は後回しになるわけで。
というか、最近では夫に反省を促す(期待する)ことほど無駄なことはないと思ったりする。
喧嘩が再燃するだけで。

私が甘やかして保護する状態じゃ、結婚がうまくいってるとは言えないんだよ、ロク君!



テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体



クリックで救える障害

アスペルガー症候群(自閉症スペクトラムなどの発達障害)に関するブログのリンク集

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。